プロフィール

らいとNGC7000

Author:らいとNGC7000
神戸市在住です。乙女座。AB型。好きなこと・趣味:天文、観劇、ぶらりと散策、囲碁将棋。Blogの記事内容は、すべて管理人の私見です。
Link先への訪問は自己責任でお願い致します。
使用カメラは、CANON IXY510IS IXY110IS です。

FREE AREA


moon phases


募金 役者のひとり言 甲斐政彦の役者ブログ
月世界への招待

最近の記事

Categories

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
6510: by 四季 on 2006/12/03 at 02:01:30 (コメント編集)

今日の(12/2)の新聞に載ってたやつですよね。
発見した人はホントうれしいでしょうね。
知人の知人に古墳を発掘している人がいるのですが、水晶の勾玉や銅鏡を発見すると、うれしいそうです。
写メを見せてもらって大興奮しました。w
考古学の道に進みたかったわたしにはうらやましいデス。
考古学祭ですか。
いいですね。
わたしは見学会とかまだ行ったことないんですよ。
行ってみたいなぁ。
今はらいとさんの記事で我慢します。(笑)

6511: by NOB on 2006/12/03 at 07:15:41 (コメント編集)

これまで見つかっていない物を発見するというのは、
本当に大きな喜びなんでしょう。
だから、みなさん地道な作業も厭わないのでしょう。
木片の保存法って、だいぶ違いがあるのですね。
それぞれ一長一短あるのでしょうが、コレもまた地味な
しかし大切な作業なのですね。

6512:四季さんへ by らいと on 2006/12/03 at 07:33:50 (コメント編集)

おはようございます。コメントありがとうございます。新聞に遺跡の記事が載るとわくわくしながら読んでいます。考古学は陰でたくさんの人が支えていることも知りましたよ。

6513:NOBさんへ by らいと on 2006/12/03 at 07:40:10 (コメント編集)

コメントありがとうございます。木片は水に浸しておくことが長持ちするというのを初めて知りました。暑い夏場の作業、寒い冬場の作業は辛いときもあると思います。こつこつ頑張ってくれる人達がいるから新しい発見を知ることができます。感謝です。

6515:昨日… by トリコ on 2006/12/03 at 13:16:34

ピザを食べに言った先の新聞に埴輪さんが載ってイマシタ!
何だかお口が猫さんや犬さんの様で愛らしかったデス!
古いモノに携われるお仕事ってとても魅力的。
苦労も多かろうと思いマスが大発見に向けて励んで欲しいデス!

6518:トリコさんへ by らいと on 2006/12/03 at 19:20:45 (コメント編集)

コメントありがとうございます。両面に顔のついた埴輪、面白いですね♪想像がいろいろと膨らみます。古いものを知るにつれて現代の有り難味も実感するんじゃないかなと思います。^^

6519:こんばんわ by サンタ&チーママです on 2006/12/03 at 20:37:44 (コメント編集)

埴輪ですが、確かに前と後ろの顔の表情が違いますよね~これを作った古代の人の気持ちはどんなだったのだろう・・と、ふっと思いました(^^)
木片が水に浸した方が一番長持ちするとは、驚きました!
風邪、早く治りますように。

6520:サンタ&チーママさんへ by らいと on 2006/12/03 at 21:23:36 (コメント編集)

コメントありがとうございます。個性的な埴輪でおもしろいですね。^^考古学者の方々も何じゃこりゃ?だったと思いますよ。
私も木片は乾燥させるのが良いのでは?と間違った考えを持っていました。粘土質の中に埋まっていたり、井戸の中に置かれていたものが保存状態がよいそうです。ですから改めて保存する場合も水に浸す方法がよいそうです。早く元気になるようつとめます。<(_ _)>

6523: by zin on 2006/12/03 at 23:00:27

私も実家が神戸なんですが垂水の五色塚古墳があるように明石大橋~名谷までの道を作る時ずいぶん遺跡が出てきたようでものすごい時間がかかってたみたいですねー何が出たんでしょうか・・・
ただ今、ベトナム出張中。ハノイからのコメントでした~

6525:zinさんへ by らいと on 2006/12/04 at 00:11:34 (コメント編集)

コメントありがとうございます。どのような時代の遺跡だったのか覚えていないのですが、神戸市内の博物館で報告されているかどうか、今度調べてみますね。お仕事頑張って下さい!

▼このエントリーにコメントを残す

   

埴輪の話と出土した木片の保存方法の話

和歌山市岩橋の特別史跡「岩橋(いわせ)千塚古墳群」の大日山35号墳
(6世紀前半、前方後円墳)から、一つの頭の前後に顔が
二つある人物埴輪が見つかったニュースを見ていました。
顔が二つある埴輪の出土は全国初だそうです。
発見した人はとても嬉しかったでしょう。(^-^)
11月6日の考古学祭に訪れたときのことを思い出しました。
20061029_Koukogakusai_120061029_Koukogakusai_2
井戸の遺跡の見学を終えた後、
現在作業中の遺跡保存について、説明をして下さいました。
一つ一つがパズルのような作業だけれど、楽しいとおっしゃっていました。(^-^)
私が特に興味を持ったのは、木片の保存の仕方です。
20061029_Koukogakusai_320061029_Koukogakusai_4
木片の保存には、自然乾燥、PEG(ポリエチレングリコール)法、
真空凍結乾燥法、糖アルコール法などがあります。
保存の仕方によって、写真のように縮み方にこんなに違いがあるそうです。
20061029_Koukogakusai_520061029_Koukogakusai_6
水につけて空気を抜いた状態で保管すると5年はそのままの状態を保てるそうです。
20061029_Koukogakusai_720061029_Koukogakusai_8
これから作業をする木片がたくさんありました。
もっと大きなものでは、半年以上かけて少しずつ溶液をしみこませて保存するそうです。
根気のいる作業に頭が下がります。
関連記事

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
6510: by 四季 on 2006/12/03 at 02:01:30 (コメント編集)

今日の(12/2)の新聞に載ってたやつですよね。
発見した人はホントうれしいでしょうね。
知人の知人に古墳を発掘している人がいるのですが、水晶の勾玉や銅鏡を発見すると、うれしいそうです。
写メを見せてもらって大興奮しました。w
考古学の道に進みたかったわたしにはうらやましいデス。
考古学祭ですか。
いいですね。
わたしは見学会とかまだ行ったことないんですよ。
行ってみたいなぁ。
今はらいとさんの記事で我慢します。(笑)

6511: by NOB on 2006/12/03 at 07:15:41 (コメント編集)

これまで見つかっていない物を発見するというのは、
本当に大きな喜びなんでしょう。
だから、みなさん地道な作業も厭わないのでしょう。
木片の保存法って、だいぶ違いがあるのですね。
それぞれ一長一短あるのでしょうが、コレもまた地味な
しかし大切な作業なのですね。

6512:四季さんへ by らいと on 2006/12/03 at 07:33:50 (コメント編集)

おはようございます。コメントありがとうございます。新聞に遺跡の記事が載るとわくわくしながら読んでいます。考古学は陰でたくさんの人が支えていることも知りましたよ。

6513:NOBさんへ by らいと on 2006/12/03 at 07:40:10 (コメント編集)

コメントありがとうございます。木片は水に浸しておくことが長持ちするというのを初めて知りました。暑い夏場の作業、寒い冬場の作業は辛いときもあると思います。こつこつ頑張ってくれる人達がいるから新しい発見を知ることができます。感謝です。

6515:昨日… by トリコ on 2006/12/03 at 13:16:34

ピザを食べに言った先の新聞に埴輪さんが載ってイマシタ!
何だかお口が猫さんや犬さんの様で愛らしかったデス!
古いモノに携われるお仕事ってとても魅力的。
苦労も多かろうと思いマスが大発見に向けて励んで欲しいデス!

6518:トリコさんへ by らいと on 2006/12/03 at 19:20:45 (コメント編集)

コメントありがとうございます。両面に顔のついた埴輪、面白いですね♪想像がいろいろと膨らみます。古いものを知るにつれて現代の有り難味も実感するんじゃないかなと思います。^^

6519:こんばんわ by サンタ&チーママです on 2006/12/03 at 20:37:44 (コメント編集)

埴輪ですが、確かに前と後ろの顔の表情が違いますよね~これを作った古代の人の気持ちはどんなだったのだろう・・と、ふっと思いました(^^)
木片が水に浸した方が一番長持ちするとは、驚きました!
風邪、早く治りますように。

6520:サンタ&チーママさんへ by らいと on 2006/12/03 at 21:23:36 (コメント編集)

コメントありがとうございます。個性的な埴輪でおもしろいですね。^^考古学者の方々も何じゃこりゃ?だったと思いますよ。
私も木片は乾燥させるのが良いのでは?と間違った考えを持っていました。粘土質の中に埋まっていたり、井戸の中に置かれていたものが保存状態がよいそうです。ですから改めて保存する場合も水に浸す方法がよいそうです。早く元気になるようつとめます。<(_ _)>

6523: by zin on 2006/12/03 at 23:00:27

私も実家が神戸なんですが垂水の五色塚古墳があるように明石大橋~名谷までの道を作る時ずいぶん遺跡が出てきたようでものすごい時間がかかってたみたいですねー何が出たんでしょうか・・・
ただ今、ベトナム出張中。ハノイからのコメントでした~

6525:zinさんへ by らいと on 2006/12/04 at 00:11:34 (コメント編集)

コメントありがとうございます。どのような時代の遺跡だったのか覚えていないのですが、神戸市内の博物館で報告されているかどうか、今度調べてみますね。お仕事頑張って下さい!

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。