プロフィール

らいとNGC7000

Author:らいとNGC7000
神戸市在住です。乙女座。AB型。好きなこと・趣味:天文、観劇、ぶらりと散策、囲碁将棋。Blogの記事内容は、すべて管理人の私見です。
Link先への訪問は自己責任でお願い致します。
使用カメラは、CANON IXY510IS IXY110IS です。

FREE AREA


moon phases


募金 役者のひとり言 甲斐政彦の役者ブログ
月世界への招待

最近の記事

Categories

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
6031:井戸 by ゆーしょー on 2006/11/06 at 00:31:08 (コメント編集)

こんばんは。ゆーしょーです。
井戸は、古墳時代からあったのですね。
その頃は、川や谷の水ばかりを飲んでいたと
思っていました。
今夜もいい勉強になりました。
ポチ・ポチ・ポチ ♪

6033: by 水無月 on 2006/11/06 at 08:32:27

おはようございます(^O^)/

関係ないのですが私が井戸で思い出したのが「番長皿屋敷」でした(>_<)

井戸って昔は生活するには貴重なものだったんですよね。
海外ではダウジングなどで水脈を調べたり。日本はどうだったんでしょうね。

6034:ゆーしょーさんへ by らいと on 2006/11/06 at 08:39:19 (コメント編集)

コメントありがとうございます。川や谷まで毎日行くとなると不便です。井戸掘りに頑張ったのではないでしょうか。(`´)土の中に長期保存されていたので枠が残ったそうですよ。^^

6035:水無月さんへ by らいと on 2006/11/06 at 08:48:56 (コメント編集)

おはようございます。コメントありがとうございます。
番町皿屋敷…(・∀・;)
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/7211/Japanese/saraj.html
娘さんには罪はないのです。(`´X)

日本は水資源が豊かな国だと思います。弥生時代、稲作のためには豊富な水が必要なので、川から水をひいたのでしょうね。井戸についても水脈を見つけることはそう難しくはなかったのではないでしょうか。と私は考えます。

6036:おはようございます~ by サンタ&チーママです on 2006/11/06 at 08:51:40 (コメント編集)

昔の人たちの工夫はすごいですね~井戸枠もどんどん進化させていったのですものね!
井戸水を見つけて、それをくみ上げたこと自体、今となっては不思議に思います(^^)

6037:サンタ&チーママさんへ by らいと on 2006/11/06 at 08:56:40 (コメント編集)

おはようございます。コメントありがとうございます。井戸がだんだん発展する様子を知るのは面白いです。^^同時に普段はあまり意識しませんが、いつでも飲める水の有り難さを感じましたよ。

6038:カメー!(゚△゚) by きび丸 on 2006/11/06 at 11:08:34

瓶の形をした井戸や釜を重ねた形の井戸もあったんですねφ(’ー’*)

なんだか、瓶や釜は普通底があるものだから、瓶など持ち運び出来そうな気持ちもあるんですが…この瓶や釜は井戸なんで持ち運べないんですよね(´・ω・`)ショボーン
昔の人は、奇抜な発想をしていましたね(^^♪

6039:きび丸さんへ by らいと on 2006/11/06 at 12:19:11 (コメント編集)

コメントありがとうございます。井戸にもいろいろな種類がありました。木で出来ているものは桧(ヒノキ)で作ったものが多かったです。昔の人は偉いです。再利用をした材料で作ったり、いろいろ工夫を凝らしていますよ。^^

6040: by 大地 on 2006/11/06 at 13:36:22 (コメント編集)

お久しぶりです。元気そうですね!
私の田舎は子供の頃「上下水道」の普及が遅れていて、
飲み水は殆どが井戸水でした、(汲み取り間口の大きい、浅い井戸が多かったです)
夏に井戸に浮いてる、「スイカ」がとても涼しげだったのを思い出しました。
井戸水は美味しかった記憶も有りますね!
又来ます。頑張って下さいね。

6042: by 真諭 on 2006/11/06 at 13:55:00

らいとさんおはよーございます♪
色々な井戸があったんですね♪クリック♪

6044:古墳時代にリサイクル井戸!! by トリコ on 2006/11/06 at 15:16:10

その精神、見習わなくてはイケマセン!!
ソレニシテモ色んな井戸があってとてもユニークです。

井戸にも神様が宿っていると言いマスネ!
井戸があることによって人の生活がどれほど安定出来たか!!
たとえ使われなくなった井戸であっても
感謝する心を忘れてはイケナイ気がシマシタ。

6046:大地さんへ by らいと on 2006/11/06 at 18:02:46 (コメント編集)

コメントありがとうございます。いろいろなことがあるけれど、しょげていても仕方が無いですからね。(`´)元気元気!と言い聞かせてで行きますよ。(^-^)私は井戸水はおいしいイメージを持っています。水道は便利に普及していますが、井戸を改めて見直すことによって、感謝の気持ちが湧いてくるのではないでしょうか。^^これからもよろしくお願い致します。

6048:真諭さんへ by らいと on 2006/11/06 at 18:08:37 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
いろんな種類の井戸を見学できました。
家族連れを初め多くの方が訪れていました。
説明して下さった方も親切でしたよ。^^

6049:トリコさんへ by らいと on 2006/11/06 at 18:13:18 (コメント編集)

コメントありがとうございます。満足な道具もない時代に、大木を加工するのは大変だったと思います。井戸は初めは集落にひとつでしたが、時代が下るにつれて、人々の暮らしに溶け込んでいったのだと思います。井戸の中から見つかったものからそれがわかりましたよ。感謝する気持ちを忘れないでというのは現代にも生きていますね。^^

6051: by あざ美 on 2006/11/06 at 19:36:10 (コメント編集)

井戸って歴史があったんですね~。
初めて知りました…
今の我が家は井戸なのですが、凄いものだったんだな~と
改めて思いました。

6053:やりましたね・・・ by chiemi on 2006/11/06 at 19:59:16

シード獲得!おめでとうございます。
今年のお正月、ぜひ頑張って欲しいと思います。

6055:あざ美さんへ by らいと on 2006/11/06 at 21:49:04 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
井戸の歴史、私も今回初めて詳しく知りました。
興味深くて楽しかったですよ。^^

6056:chiemiさんへ by らいと on 2006/11/06 at 21:50:38 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
箱根駅伝が本番なのです。(`´)
各大学もちろん頑張って欲しいです。
その中でも私は山梨学院大学を応援します!

▼このエントリーにコメントを残す

   

考古学祭「井戸をのぞけば…」

全日本大学駅伝、山梨学院大学が見事にシード権を獲得しました。(;´д⊂)
「らいとさん、よかったですね♪」と思って下さったあなた。
ありがとうございます。(^o^)
よかったよかった。(;´д⊂)
大げさですが、とても嬉しいのです。
自分でもなぜそこまで気持ちが熱くなれるのか?と時々思うけれど、
好きなものは好きなのです。(^-^)
これからも応援を続けます。

10月29日に第4回埋蔵文化財収蔵庫展 考古学祭「井戸をのぞけば…」
を見学に行って来たときのことを書きます。10月15日に書いたこちらの記事です。
20061029_Uozumibunkan_1
井戸の始まりは弥生時代初め頃と考えられています。中国ではそれよりも古い漢代にはすでに井桁や釣瓶をもつ焼物を組み上げた井戸が普及していましたが、弥生時代前・中期の井戸は地中の井壁が崩れないよう保護する設備のない「素堀り」の井戸です。そして、木で井壁の保護を試みる木組の井戸が登場します。最初は唐古・鍵遺跡にみられるような丸太くり抜きの井戸で、板組の井戸はそれより後の時期のものと考えられています。やがて板材を縦方向に組んだ井戸が現れます。弥生時代後期には、板材が内側に倒れこまないよう保持する横桟が出現しますが、木組の井戸はなかなか普及せず、古墳時代にあっても素堀りの井戸が大勢を占めていました。
20061029_Ido_1
尼崎市の若王子遺跡から出土しました。
古墳時代(6世紀半ば頃)のものです。ゆるやかにカーブした長さ90cmのスギ材を2個組み合わせて、井戸枠として据え付けていました。当時これだけの大きな木材を使用するのは船以外に考えにくいので、丸木舟に使われていたものを再利用した井戸だと考えられています。
20061029_Ido_220061029_Ido_3
古代(奈良時代)の井戸は、横板組の井戸が多く発見されています。
右側のものは神戸市須磨区 太田町遺跡(平安時代)で発見された大甕(おおがめ)の井戸です。井戸ですから底はありません。巨大でした。
20061029_Ido_4
篠山市 西木之部遺跡の井戸です。横板材の両端近くを上下から切り込んで作った仕口(しぐち)を交互に組み合わせて積み上げる「相欠き仕口横板組」で、井籠(せいろう)組の一種に分類される場合もあります。内法(内側の寸法)は一辺1.2mあり、深さ約1mが残っており、内部から奈良時代後半の墨書土器などが出土しました。仕口とは、異なる方向の木材を組み合わせ接合する部分、方法のことをいいます。
20061029_Ido_520061029_Ido_6
神戸市北区 二郎宮ノ前遺跡(室町時代)でみつかった集水用の丸太のくり抜きです。石積みの井戸は持って来られなかったようで写真の展示がありました。井戸底の水を溜める集水部分に、多くは桶(おけ)が使われていましたが、桶のほかに、曲物を使用したものや木の幹をくり抜いたもの刳物が使用されていた例が見つかっています。さらに特殊なものでは、花崗岩を筒型にくり抜いた井戸枠を用いて、その下に木製の礎盤を敷いたものも発見されています。
20061029_Ido_8
神戸市兵庫区 兵庫津遺跡(鎌倉~室町時代)で見つかった羽釜を重ねた井戸です。
鎌倉時代から江戸時代にかけて、中国貿易の中心地であるいは瀬戸内航路の中継基地として栄えた神戸市の兵庫津遺跡では、井戸枠にいろいろな材料を使用した井戸が数多く発見されています。
これは井戸枠に底を打ち抜いた土師器の羽釜を使用したもので、5個の羽釜が積み重なった状態で発見されました。鎌倉時代から南北朝時代頃のものです。羽釜の底に煤(すす)が付着していたことから、当初煮炊きに使用されていたものが、後に井戸枠に転用されていたことがわかりました。
20061029_Ido_7
神戸市兵庫区 楠・荒田町遺跡(江戸時代末)からみつかった井戸瓦を使った井戸です。
江戸時代の終わり頃から、井戸枠に専用に作られた瓦を使用したものが出現します。瓦の外側にはヘラで山形の文様がつけられたものがあり、瓦がずり落ちないようにしています。瓦積みの井戸は、第2次世界大戦頃まで使用されていました。

出土した井戸枠は年月が経ったためにやせ細っていましたが、
当時はもっとぶ厚かったそうです。
昔の人の知恵と努力に頭が下がります。(^-^)
関連記事

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
6031:井戸 by ゆーしょー on 2006/11/06 at 00:31:08 (コメント編集)

こんばんは。ゆーしょーです。
井戸は、古墳時代からあったのですね。
その頃は、川や谷の水ばかりを飲んでいたと
思っていました。
今夜もいい勉強になりました。
ポチ・ポチ・ポチ ♪

6033: by 水無月 on 2006/11/06 at 08:32:27

おはようございます(^O^)/

関係ないのですが私が井戸で思い出したのが「番長皿屋敷」でした(>_<)

井戸って昔は生活するには貴重なものだったんですよね。
海外ではダウジングなどで水脈を調べたり。日本はどうだったんでしょうね。

6034:ゆーしょーさんへ by らいと on 2006/11/06 at 08:39:19 (コメント編集)

コメントありがとうございます。川や谷まで毎日行くとなると不便です。井戸掘りに頑張ったのではないでしょうか。(`´)土の中に長期保存されていたので枠が残ったそうですよ。^^

6035:水無月さんへ by らいと on 2006/11/06 at 08:48:56 (コメント編集)

おはようございます。コメントありがとうございます。
番町皿屋敷…(・∀・;)
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/7211/Japanese/saraj.html
娘さんには罪はないのです。(`´X)

日本は水資源が豊かな国だと思います。弥生時代、稲作のためには豊富な水が必要なので、川から水をひいたのでしょうね。井戸についても水脈を見つけることはそう難しくはなかったのではないでしょうか。と私は考えます。

6036:おはようございます~ by サンタ&チーママです on 2006/11/06 at 08:51:40 (コメント編集)

昔の人たちの工夫はすごいですね~井戸枠もどんどん進化させていったのですものね!
井戸水を見つけて、それをくみ上げたこと自体、今となっては不思議に思います(^^)

6037:サンタ&チーママさんへ by らいと on 2006/11/06 at 08:56:40 (コメント編集)

おはようございます。コメントありがとうございます。井戸がだんだん発展する様子を知るのは面白いです。^^同時に普段はあまり意識しませんが、いつでも飲める水の有り難さを感じましたよ。

6038:カメー!(゚△゚) by きび丸 on 2006/11/06 at 11:08:34

瓶の形をした井戸や釜を重ねた形の井戸もあったんですねφ(’ー’*)

なんだか、瓶や釜は普通底があるものだから、瓶など持ち運び出来そうな気持ちもあるんですが…この瓶や釜は井戸なんで持ち運べないんですよね(´・ω・`)ショボーン
昔の人は、奇抜な発想をしていましたね(^^♪

6039:きび丸さんへ by らいと on 2006/11/06 at 12:19:11 (コメント編集)

コメントありがとうございます。井戸にもいろいろな種類がありました。木で出来ているものは桧(ヒノキ)で作ったものが多かったです。昔の人は偉いです。再利用をした材料で作ったり、いろいろ工夫を凝らしていますよ。^^

6040: by 大地 on 2006/11/06 at 13:36:22 (コメント編集)

お久しぶりです。元気そうですね!
私の田舎は子供の頃「上下水道」の普及が遅れていて、
飲み水は殆どが井戸水でした、(汲み取り間口の大きい、浅い井戸が多かったです)
夏に井戸に浮いてる、「スイカ」がとても涼しげだったのを思い出しました。
井戸水は美味しかった記憶も有りますね!
又来ます。頑張って下さいね。

6042: by 真諭 on 2006/11/06 at 13:55:00

らいとさんおはよーございます♪
色々な井戸があったんですね♪クリック♪

6044:古墳時代にリサイクル井戸!! by トリコ on 2006/11/06 at 15:16:10

その精神、見習わなくてはイケマセン!!
ソレニシテモ色んな井戸があってとてもユニークです。

井戸にも神様が宿っていると言いマスネ!
井戸があることによって人の生活がどれほど安定出来たか!!
たとえ使われなくなった井戸であっても
感謝する心を忘れてはイケナイ気がシマシタ。

6046:大地さんへ by らいと on 2006/11/06 at 18:02:46 (コメント編集)

コメントありがとうございます。いろいろなことがあるけれど、しょげていても仕方が無いですからね。(`´)元気元気!と言い聞かせてで行きますよ。(^-^)私は井戸水はおいしいイメージを持っています。水道は便利に普及していますが、井戸を改めて見直すことによって、感謝の気持ちが湧いてくるのではないでしょうか。^^これからもよろしくお願い致します。

6048:真諭さんへ by らいと on 2006/11/06 at 18:08:37 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
いろんな種類の井戸を見学できました。
家族連れを初め多くの方が訪れていました。
説明して下さった方も親切でしたよ。^^

6049:トリコさんへ by らいと on 2006/11/06 at 18:13:18 (コメント編集)

コメントありがとうございます。満足な道具もない時代に、大木を加工するのは大変だったと思います。井戸は初めは集落にひとつでしたが、時代が下るにつれて、人々の暮らしに溶け込んでいったのだと思います。井戸の中から見つかったものからそれがわかりましたよ。感謝する気持ちを忘れないでというのは現代にも生きていますね。^^

6051: by あざ美 on 2006/11/06 at 19:36:10 (コメント編集)

井戸って歴史があったんですね~。
初めて知りました…
今の我が家は井戸なのですが、凄いものだったんだな~と
改めて思いました。

6053:やりましたね・・・ by chiemi on 2006/11/06 at 19:59:16

シード獲得!おめでとうございます。
今年のお正月、ぜひ頑張って欲しいと思います。

6055:あざ美さんへ by らいと on 2006/11/06 at 21:49:04 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
井戸の歴史、私も今回初めて詳しく知りました。
興味深くて楽しかったですよ。^^

6056:chiemiさんへ by らいと on 2006/11/06 at 21:50:38 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
箱根駅伝が本番なのです。(`´)
各大学もちろん頑張って欲しいです。
その中でも私は山梨学院大学を応援します!

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。