プロフィール

らいとNGC7000

Author:らいとNGC7000
神戸市在住です。乙女座。AB型。好きなこと・趣味:天文、観劇、ぶらりと散策、囲碁将棋。Blogの記事内容は、すべて管理人の私見です。
Link先への訪問は自己責任でお願い致します。
使用カメラは、CANON IXY510IS IXY110IS です。

FREE AREA


moon phases


募金 役者のひとり言 甲斐政彦の役者ブログ
月世界への招待

最近の記事

Categories

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
5105: by ひらり on 2006/09/20 at 01:06:54

ランプの灯りって蛍光灯のような明るさは
ないけれど、暖かみがありますよね。
癒し効果がありそうな気がする(笑)

5106:ひらりさんへ by らいと on 2006/09/20 at 01:18:46 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
ランプに癒し効果。
ランプの機能もしっかり備えていて、
香りとセットにしたものがあるかもしれませんね。
再度訪れた時に、お土産もよく観察してきます。^^

5107:写真撮影 by ゆーしょー on 2006/09/20 at 02:33:07 (コメント編集)

こんばんは。 ゆーしょーです。
いいですね。フラッシュなしでも写真撮影が出来て。
フラッシュなしでも綺麗に撮れてますね。
こういう所が近くにあればいいですね。
やはり大都会ですね。
ポチ・ポチ。

5108:何だか… by トリコ on 2006/09/20 at 07:51:30

ブログの開きが遅いデス。

“火切り法”
小学生の時に学習の一環としてやった覚えが…。
物凄く必死だったのは覚えてイマスが
火が点いたかマデ覚えてイマセン。

江戸の夜は時代劇以上に暗かったんデスネ!

5109:ゆーしょーさんへ by らいと on 2006/09/20 at 08:22:02 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
ミュージアムは街の中心部にかたまっているので
各施設、まわりやすいと思います。

5110:トリコさんへ by らいと on 2006/09/20 at 08:34:43 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
FC2ブログは時々重たくなります。
改善するかどうか様子を見てから表示記事数を考えます。
火のおこし方は学んだけれど、
「虫眼鏡を使えばいいやん!(・∀・)!」
と先生に言ったところ、どやされたことを思い出します。(汗)
エジソンの発明までは暗い時代が続いたのかもしれませんね。

5111:近眼♪ by 真諭 on 2006/09/20 at 10:58:18

暗いと、ますます見えない。しかも、眼鏡なんかキット高くて買えない。仕事ゎ、見えなくても出来る仕事ゎ。。。
クリーック♪クリーック♪

5113: by ネギ on 2006/09/20 at 12:50:46

昨日は失礼しました。
なんか慌てちゃって・・・すみません(礼)

改めて
お誕生日おめでとうございます。
今後ともブログ頑張っていきましょうね~!

私は、小さな灯が好きなので
行灯とかいいですね~。
ランプも!!
癒されますよね~。
でも、屋外で夏に使うと虫が集まるので癒し効果は半減です(笑)

5114: by chiemi on 2006/09/20 at 13:15:26

旅の灯かり・・・見に行きたいです。
とんぼ玉も、大好きです。
でも、まず脚を治さなくっちゃあ。

5115:すご~い!(゜▽゜*) by きび丸 on 2006/09/20 at 14:26:27

時代を感じさせるものが沢山あって見に行きたくなりました(*´ω`*)

明日は入館無料みたいですね(。・ω・)ノ゙

トンボ玉ミュージアムもそうですが、阪神淡路大震災で被害を受けたりしなかったのでしょうか?(+_+)

5116:真諭さんへ by らいと on 2006/09/20 at 15:25:05 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
薄暗い中で作業をしたり仕事を頑張っている人もおられますね。
ドラマなどではそういう場面が多いのですが、
パソコンを使うときも部屋を明るくして画面に
向かって欲しいと思います。
眼は大切にですよ。

5117:ネギさんへ by らいと on 2006/09/20 at 15:29:49 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
ランプミュージアムに似た施設は全国にどのくらいあるんだろう?
調べていないのでわからないのですが、
神戸のミュージアムは充実していて面白いところです。
屋外で使うときは「シッシッ!(`´X)」とその都度虫を払うのは面倒なので、おとりの灯りも用意していましたよ。

5118:chiemiさんへ by らいと on 2006/09/20 at 15:32:45 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
毎日のお花の紹介楽しく拝見しています。
たくさん展示されていますので、どこから紹介しようか迷いました。
地味なものもあれば目を惹くデザインのものもあります。
後日また書くつもりですよ。

5119:きび丸さんへ by らいと on 2006/09/20 at 15:38:10 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
入館無料は来月の21日だと思います。
初めて訪れたので、1995年の時点でどうだったかは私もわからないのです。
申し訳ありません。

5120:綺麗ですね~♪ by たまママ on 2006/09/20 at 19:37:59 (コメント編集)

う~ん、この秋、奈良へも行きたいし、京都で紅葉も見たい、でも神戸でこんなきれいな物にも触れてみたいですね~(^_^;)
全部、見てみようかなあ^m^
らいとさんみたいに、ハレー彗星まで、頑張ろうかなあ♪

5121:たまママさんへ by らいと on 2006/09/20 at 19:55:23 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
奈良や京都、播州にも行きたいですよ。
観劇の予定も入っております。
欲張りですからね。(`´X)
時間とお金をどうするかです。(`・ω・´)
日頃のブ○グの更新をさぼろうかと。(ё_ё)
∵(´ε(○=(゜∀゜)
なるべく更新を続けたいのです。(;´Д`)ウウッ
どうするか考え中です。^^

5122: by サンタ&チーママです on 2006/09/20 at 21:48:56 (コメント編集)

‘神戸らんぷミュージアム‘行きたいです(^^;
神戸には本当にたくさん見どころの場所がありますよね~
行ったような気にさせて下さり、本当に毎日感謝していますよ~更新お願いしますね♪

5123:サンタ&チーママさんへ by らいと on 2006/09/20 at 22:14:31 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
らんぷミュージアム、楽しかったです。
観光される方達の方が神戸中心部には詳しいかも?
と感じることもありますよ。^^
目線をいろいろ変えて調べていきたいと思います。
後ほど訪問致しますね。

5124:はじめまして by umekotyan on 2006/09/20 at 22:37:40 (コメント編集)

はじめまして、こんばんは。わたしも前にランプを見に行きましたが、とてもいい感じの明かりが素敵な場所でしたね。すこし薄暗いのがロマンチック、売店では、昔の電球の復刻版も置いていましたね。

5125:umekotyanさんへ by らいと on 2006/09/20 at 23:07:14 (コメント編集)

訪問とコメントをありがとうございます。
ランプミュージアム館内は薄暗かったですが
掲示されている部分は照明もありましたので
見やすく、ためになって、楽しかったです。
売店で見かけたのはマッチの数々でした。
電球も置いてあったのですね。
今度訪れた時に確認します。

5126:素敵ですぅ・・・ by KiKi on 2006/09/21 at 00:12:27 (コメント編集)

いいですね、あかりの日。
らいとさんの日ですね。

このミュージアムにも行ってみたいです。
いつか神戸に行ったら案内してください♪

5127:KiKiさんへ by らいと on 2006/09/21 at 00:28:31 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
らいとの日…(・∀・) 気がつきませんでした。
えっと。(汗)
HNの由来というか、つけた理由、いつか書きますね。
入館料も安価ですし、素敵なミュージアムだと思います。
いつの日かぜひお越し下さいね。^^

5148: by kenyjw on 2006/09/21 at 22:59:13

時々ぷらっと遊びに来ています。
それにしても話題が豊富ですね。いつも感心しています。
身近な地元の話題も多いので,参考にさせてもらっています。
神戸らんぷミュージアム,良さそうですね。

5149:kenyjwさんへ by らいと on 2006/09/21 at 23:52:34 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
らんぷミュージアムは楽しいですよ。^^
私は半分写真を撮ることに夢中になってしまいましたので、次回訪れたときにはもっとよく観察しようと思っています。
これからもよろしくお願い致します。

5498:灯台下暗し by つくい on 2006/10/10 at 23:19:39 (コメント編集)

このらんぷミュージアムのあるビルは、仕事で、何十回と訪れています。同じ2階でごはんもよく食べます。
でも、どういうわけか一度も訪れたことが無いので、今回の訪問記を拝見して、へえ~と思いました。
灯台下暗しとは、まさに文字通りです。

5502:つくいさんへ by らいと on 2006/10/11 at 00:58:52 (コメント編集)

コメントありがとうございます。2Fでご飯を食べているのにまだ入ったことがないのですか?それはそれは…。(・∀・;)
素敵な博物館だと思います。
一度中も、ご覧になってみて下さいね。^^

▼このエントリーにコメントを残す

   

神戸らんぷミュージアム

昨日の続きを書きます。
神戸らんぷミュージアムへ行きました。
関西電力のHPの中にも、こちらに詳しく紹介されています。
2006920_Lamp_Museum_12006920_Lamp_Museum_2
クリエイト神戸というビルの中にあります。
受付はエスカレーターを上がってすぐ右手です。

電気のない時代「燃やすあかり」のコーナーから始まります。

摩擦による発火方法の説明が掲示されていました。
錐(きり)もみ式・ひも錐式・舞い錐式・
鋸(のこ)引き式・墨すり式・竹ひも式、等があるそうです。
2006920_Lamp_Museum_72006920_Lamp_Museum_8
時代が進むにつれてランプらしくなっていきます。
行灯についての説明を書きます。
行灯(あんどん)は当初は角型や丸型の枠に紙を張り、
底板の上に火皿を置くだけの簡素なものでした。
江戸時代中期の終わりごろから、その構造や意匠は大いに進歩し、
火袋(火おおい)の中央に横板を付け、その上にくも手と火皿を
置いたり、くも手を針金で上から吊るすようになった。
また火袋の一方を、戸あるいは差蓋として、油の補給や点火に
便利なように工夫された。物を見るときは必ずこの戸や差蓋を
開けて用いた。さらに行灯の台を、灯心や点火具などを入れるために
箱型に作り、引き出しが用いられた。

展示品のひとつひとつに丁寧に説明がされていますよ。(^-^)
2006920_Lamp_Museum_92006920_Lamp_Museum_10
江戸時代の武士の居室の明るさを体験できるコーナーです。
気合いを入れて写真を撮りました。(`´X)
暗くて本を読むことは難しそうです。(T_T)
日本の現代に生まれてよかったです。
2006920_Lamp_Museum_112006920_Lamp_Museum_12
旅のあかりのコーナーです。
江戸時代の旅は、馬やかごに乗る以外はすべて徒歩だったので、
道中の持ちものにも限りがありました。
灯火器をはじめなんでも小さく折り畳んで、
持ち歩きに便利なように、細かい工夫が凝らされていました。


ミュージアムからのお知らせがあります。

KOBE観光ウイーク
期間:平成18年9月30日(土)~10月17日(火)
内容:神戸らんぷミュージアムは「KOBE観光ウイーク
に参加しております。期間中は入館料2割引でご入館頂けます。
なお、10月3日「神戸観光の日」は入館無料!!です。
神戸有馬観光情報のページも合わせてご覧になって下さいね。

企画展「山の幸染め&グラスアート展」
~暮らしを彩るアートクラフト~
期間:平成18年10月3日(火)~10月29日(日)
会場:神戸らんぷミュージアム
内容:この度当館では、「山の幸染め」と「グラスアート」の
2つの暮らしを彩るカルチャーが、「あかり」によって変化する
優雅な彩(いろどり)を、お楽しみいただきたいと思い、
各地で開催された作品展やコンクールに出品された作品を、
約100点展示いたします。お楽しみください。

あかりの日 入館無料!!
日時:平成18年10月21日(土)
内容:1879年10月21日は、エジソンによって発明された
実用的な白熱電球が約40時間点灯した日です。
「あかりの日」とは、その偉業をたたえて制定されました。
当館ではそれを記念して館を無料開放致します。

入館料は大人400円・小人200円
団体(30名以上)になりますと、大人320円・小人160円です。
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分までです。)
休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合はその翌日)
年末年始(12月28日~1月4日)となっています。

らんぷの歴史を楽しみながら学べる素晴らしいミュージアムです。
関連記事

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
5105: by ひらり on 2006/09/20 at 01:06:54

ランプの灯りって蛍光灯のような明るさは
ないけれど、暖かみがありますよね。
癒し効果がありそうな気がする(笑)

5106:ひらりさんへ by らいと on 2006/09/20 at 01:18:46 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
ランプに癒し効果。
ランプの機能もしっかり備えていて、
香りとセットにしたものがあるかもしれませんね。
再度訪れた時に、お土産もよく観察してきます。^^

5107:写真撮影 by ゆーしょー on 2006/09/20 at 02:33:07 (コメント編集)

こんばんは。 ゆーしょーです。
いいですね。フラッシュなしでも写真撮影が出来て。
フラッシュなしでも綺麗に撮れてますね。
こういう所が近くにあればいいですね。
やはり大都会ですね。
ポチ・ポチ。

5108:何だか… by トリコ on 2006/09/20 at 07:51:30

ブログの開きが遅いデス。

“火切り法”
小学生の時に学習の一環としてやった覚えが…。
物凄く必死だったのは覚えてイマスが
火が点いたかマデ覚えてイマセン。

江戸の夜は時代劇以上に暗かったんデスネ!

5109:ゆーしょーさんへ by らいと on 2006/09/20 at 08:22:02 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
ミュージアムは街の中心部にかたまっているので
各施設、まわりやすいと思います。

5110:トリコさんへ by らいと on 2006/09/20 at 08:34:43 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
FC2ブログは時々重たくなります。
改善するかどうか様子を見てから表示記事数を考えます。
火のおこし方は学んだけれど、
「虫眼鏡を使えばいいやん!(・∀・)!」
と先生に言ったところ、どやされたことを思い出します。(汗)
エジソンの発明までは暗い時代が続いたのかもしれませんね。

5111:近眼♪ by 真諭 on 2006/09/20 at 10:58:18

暗いと、ますます見えない。しかも、眼鏡なんかキット高くて買えない。仕事ゎ、見えなくても出来る仕事ゎ。。。
クリーック♪クリーック♪

5113: by ネギ on 2006/09/20 at 12:50:46

昨日は失礼しました。
なんか慌てちゃって・・・すみません(礼)

改めて
お誕生日おめでとうございます。
今後ともブログ頑張っていきましょうね~!

私は、小さな灯が好きなので
行灯とかいいですね~。
ランプも!!
癒されますよね~。
でも、屋外で夏に使うと虫が集まるので癒し効果は半減です(笑)

5114: by chiemi on 2006/09/20 at 13:15:26

旅の灯かり・・・見に行きたいです。
とんぼ玉も、大好きです。
でも、まず脚を治さなくっちゃあ。

5115:すご~い!(゜▽゜*) by きび丸 on 2006/09/20 at 14:26:27

時代を感じさせるものが沢山あって見に行きたくなりました(*´ω`*)

明日は入館無料みたいですね(。・ω・)ノ゙

トンボ玉ミュージアムもそうですが、阪神淡路大震災で被害を受けたりしなかったのでしょうか?(+_+)

5116:真諭さんへ by らいと on 2006/09/20 at 15:25:05 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
薄暗い中で作業をしたり仕事を頑張っている人もおられますね。
ドラマなどではそういう場面が多いのですが、
パソコンを使うときも部屋を明るくして画面に
向かって欲しいと思います。
眼は大切にですよ。

5117:ネギさんへ by らいと on 2006/09/20 at 15:29:49 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
ランプミュージアムに似た施設は全国にどのくらいあるんだろう?
調べていないのでわからないのですが、
神戸のミュージアムは充実していて面白いところです。
屋外で使うときは「シッシッ!(`´X)」とその都度虫を払うのは面倒なので、おとりの灯りも用意していましたよ。

5118:chiemiさんへ by らいと on 2006/09/20 at 15:32:45 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
毎日のお花の紹介楽しく拝見しています。
たくさん展示されていますので、どこから紹介しようか迷いました。
地味なものもあれば目を惹くデザインのものもあります。
後日また書くつもりですよ。

5119:きび丸さんへ by らいと on 2006/09/20 at 15:38:10 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
入館無料は来月の21日だと思います。
初めて訪れたので、1995年の時点でどうだったかは私もわからないのです。
申し訳ありません。

5120:綺麗ですね~♪ by たまママ on 2006/09/20 at 19:37:59 (コメント編集)

う~ん、この秋、奈良へも行きたいし、京都で紅葉も見たい、でも神戸でこんなきれいな物にも触れてみたいですね~(^_^;)
全部、見てみようかなあ^m^
らいとさんみたいに、ハレー彗星まで、頑張ろうかなあ♪

5121:たまママさんへ by らいと on 2006/09/20 at 19:55:23 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
奈良や京都、播州にも行きたいですよ。
観劇の予定も入っております。
欲張りですからね。(`´X)
時間とお金をどうするかです。(`・ω・´)
日頃のブ○グの更新をさぼろうかと。(ё_ё)
∵(´ε(○=(゜∀゜)
なるべく更新を続けたいのです。(;´Д`)ウウッ
どうするか考え中です。^^

5122: by サンタ&チーママです on 2006/09/20 at 21:48:56 (コメント編集)

‘神戸らんぷミュージアム‘行きたいです(^^;
神戸には本当にたくさん見どころの場所がありますよね~
行ったような気にさせて下さり、本当に毎日感謝していますよ~更新お願いしますね♪

5123:サンタ&チーママさんへ by らいと on 2006/09/20 at 22:14:31 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
らんぷミュージアム、楽しかったです。
観光される方達の方が神戸中心部には詳しいかも?
と感じることもありますよ。^^
目線をいろいろ変えて調べていきたいと思います。
後ほど訪問致しますね。

5124:はじめまして by umekotyan on 2006/09/20 at 22:37:40 (コメント編集)

はじめまして、こんばんは。わたしも前にランプを見に行きましたが、とてもいい感じの明かりが素敵な場所でしたね。すこし薄暗いのがロマンチック、売店では、昔の電球の復刻版も置いていましたね。

5125:umekotyanさんへ by らいと on 2006/09/20 at 23:07:14 (コメント編集)

訪問とコメントをありがとうございます。
ランプミュージアム館内は薄暗かったですが
掲示されている部分は照明もありましたので
見やすく、ためになって、楽しかったです。
売店で見かけたのはマッチの数々でした。
電球も置いてあったのですね。
今度訪れた時に確認します。

5126:素敵ですぅ・・・ by KiKi on 2006/09/21 at 00:12:27 (コメント編集)

いいですね、あかりの日。
らいとさんの日ですね。

このミュージアムにも行ってみたいです。
いつか神戸に行ったら案内してください♪

5127:KiKiさんへ by らいと on 2006/09/21 at 00:28:31 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
らいとの日…(・∀・) 気がつきませんでした。
えっと。(汗)
HNの由来というか、つけた理由、いつか書きますね。
入館料も安価ですし、素敵なミュージアムだと思います。
いつの日かぜひお越し下さいね。^^

5148: by kenyjw on 2006/09/21 at 22:59:13

時々ぷらっと遊びに来ています。
それにしても話題が豊富ですね。いつも感心しています。
身近な地元の話題も多いので,参考にさせてもらっています。
神戸らんぷミュージアム,良さそうですね。

5149:kenyjwさんへ by らいと on 2006/09/21 at 23:52:34 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
らんぷミュージアムは楽しいですよ。^^
私は半分写真を撮ることに夢中になってしまいましたので、次回訪れたときにはもっとよく観察しようと思っています。
これからもよろしくお願い致します。

5498:灯台下暗し by つくい on 2006/10/10 at 23:19:39 (コメント編集)

このらんぷミュージアムのあるビルは、仕事で、何十回と訪れています。同じ2階でごはんもよく食べます。
でも、どういうわけか一度も訪れたことが無いので、今回の訪問記を拝見して、へえ~と思いました。
灯台下暗しとは、まさに文字通りです。

5502:つくいさんへ by らいと on 2006/10/11 at 00:58:52 (コメント編集)

コメントありがとうございます。2Fでご飯を食べているのにまだ入ったことがないのですか?それはそれは…。(・∀・;)
素敵な博物館だと思います。
一度中も、ご覧になってみて下さいね。^^

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。