プロフィール

らいとNGC7000

Author:らいとNGC7000
神戸市在住です。乙女座。AB型。好きなこと・趣味:天文、観劇、ぶらりと散策、囲碁将棋。Blogの記事内容は、すべて管理人の私見です。
Link先への訪問は自己責任でお願い致します。
使用カメラは、CANON IXY510IS IXY110IS です。

FREE AREA


moon phases


募金 役者のひとり言 甲斐政彦の役者ブログ
月世界への招待

最近の記事

Categories

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3351:大きな古墳 by たまママ on 2006/07/17 at 16:49:01 (コメント編集)

大きな古墳ですネ~。関西に不案内なもので、大橋の手前に、こんな大きなものがあったなんて初めて知りました。
遠い昔、りっぱな人が治めていた場所なんでしょうね~。
なんだか、ロマンがありますネ(=^・^=)

3352: by うたた on 2006/07/17 at 18:04:33

ここの円筒型埴輪の中にゴミを突っ込むタワケ者がいるんで嫌になってしまいます(ゴミ箱と違うぞ)。どこにでもこんなヤツがいるんですわ。

3353:たまママさんへ by らいと on 2006/07/17 at 20:19:24 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
静かで景色の良いところですよ。^^
まわりには何もありませんが、海を眺めたり
考え事をするには絶好の場所だと思います。

3354:うたたさへ by らいと on 2006/07/17 at 20:24:56 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
悲しいけれど、おっしゃるとおりです。
持ち帰れるゴミは各自で持ち帰って欲しいのだけど、
せめてゴミ箱へ分別して欲しいと思います。
モラルの問題だけど難しいですね。(苦笑)

3355: by あすとろ on 2006/07/17 at 21:07:22

いやあすばらしい古墳です
ひとつひとつていねいに作っていっtがんですね。
w(◎o◎)wワオッ

3356:あすとろさんへ by らいと on 2006/07/17 at 21:16:26 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
すばらしく静かなところですよ。(・∀・)
実は 何 も ナ イ ?(・∀・)?と感じる人も
ままいることは内緒です。(ё_ё)(ド汗)
でもね。
歴史的に見ると貴重な古墳なんですよ。(^-^)/

3359: by hiromi on 2006/07/17 at 21:49:50 (コメント編集)

おはずかしながら
この手のお話しは詳しくありませんv-239
でもお勉強になりました!
応援ぽち!

3360:hiromiさんへ by らいと on 2006/07/17 at 22:40:48 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
詳しくなくてもふつうだと思います。
発掘するための許可もきびしい面がありますし
一般の人への公開される機会が限られているからです。
でも、考古学は楽しいですよ。^^
いろいろな想いをかきたててくれます。
後ほど改めて訪問致しますね。

3361: by 小池直行 on 2006/07/17 at 23:23:33

古墳ですか、どういう人のお墓なんでしょう。埼玉にもいくつか古墳がみられます

3362:小池さんへ by らいと on 2006/07/17 at 23:30:35 (コメント編集)

鋭いコメントありがとうございます。
古墳は一般に平地を見下ろす位置にあることが多いそうです。
五色塚古墳と小壺古墳は、海を見下ろす位置にあるために、
海と深いかかわりを持った人」だと考えられています。
具体的にどなたなのか、ということについては
現地に記述がありませんでした。
もしもわかれば後日、修正いたします。

3365:おぉーー by NAGAMI on 2006/07/18 at 05:24:43

僕、高校が兵庫県の市立西宮高校なんで、
知ってはいましたけど・・
写真でも、初めてみました・・すご・・
美しいです、とっても・・癒される・・
緩やかな、傾斜、石畳・・海と空の間・・・
5世紀頃てどんな時代だったんだろう・・
当時の家族や恋人とは、疲れた時にこの古墳を見て
癒されたのだろうか・・・
今のお寺や教会みたいなものだったんだろうか・・

3366:NAGAMIさんへ by らいと on 2006/07/18 at 07:24:00 (コメント編集)

おはようございます。
コメントありがとうございます。
古墳がひっそりと海を見下ろしている感じです。
今も海岸に近いところに位置していますが、
大昔もそうだったと思います。
私の個人的な想い出は急な坂です…。(汗)^^;
上って下ってまた上っての連続ですねぇ。

3367: by うさぎ on 2006/07/18 at 08:34:23

古墳には詳しくないのですが、(行ったこともないかも・・)勉強になりましたよ☆
ピラミッドと同じく、神秘的ですよね。
大昔の人はがんばりやさんだったなぁ・・・
よく考えて造られてて、びっくり。

3368: by Mr.T. on 2006/07/18 at 08:45:54

神戸の、しかもこんな海の近くに古墳があるとは・・・
し、知りませんでした。。。
 
それにしても、雄大な光景ですね。
昔の偉人さんの権力の大きさは、恐ろしいですね。。。

3370:うさぎさんへ by らいと on 2006/07/18 at 10:51:32 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
幼児の頃は古墳と知らずに、
周囲で遊び倒していたことは内緒です。(´ー`)
まるで庭のようでした。(汗)
重機のない時代にこれだけのものを作ったなんて!
と考えると偉大だなと思います。(^-^)/

3371:Mr.Tさんへ by らいと on 2006/07/18 at 10:55:24 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
五色塚古墳のよいところは、交通の便が良いので
気軽に訪れることができる点です。
整備されているので味気なく感じる人もいるかもしれません。
でも、地中にはそのまま眠っているのだなと思えば
いい感じだと思いますよ。^^

▼このエントリーにコメントを残す

   

五色塚古墳

兵庫県は雨模様の一日です。
リクエストがありましたので、五色塚古墳について書きますね。
小壺古墳です。
20060717_Go_1直径67メートル・高さ約9メートルの円墳で、古墳の裾と堀の大部分は周囲の道路敷までひろがっています。墳丘は、2段に築かれており、墳頂部と墳丘斜面につくられたテラス面には、埴輪がめぐらされていました。石は、茸かれていなかったようです。埴輪は、五色塚古墳と同形のヒレ付円筒埴輪が多く、家形埴輪も数個体分発見されています。小壺古墳の築造された時期は、埴輪の形などからみて五色塚古墳とほぼ同じ5世紀はじめごろであろうと推定されています。整備にあたっては、墳丘斜面にテラスをつくらず、斜面全体に芝張りを行いました。(神戸市教育委員会)


20060717_Go_220060717_Go_3五色塚古墳は、4世紀終わりから5世紀初めにかけて築造された兵庫県下最大の前方後円墳で、墳丘の全長194メートル、後円部の高さ18メートル、周囲には空堀をめぐらしています。墳丘は三段に築かれ、下段の斜面には小さな石を茸き、中断および上段の斜面には大きな石を茸いていました。




20060717_Go_420060717_Go_5墳丘と二段のテラスには鰭付円筒埴輪(ひれつきえんとうはにわ)、朝顔型円筒埴輪などをめぐらさせていました。茸石(ふきいし)の総数223万個、総重量2784トン、埴輪の総数2200本と推定されています。堀の中にはいくつかの方形マウンドがあって、そのなかには円筒棺を埋めたものもありました。

堀と下段の整備について
堀は、周囲の道路の下まで広がっており、古墳が築かれた当時は現状よりやや広かったようです。堀は水をたたえたものではなく、空掘でした。下段は、直径5~10センチメートルの石が茸かれていましたが、同じ大きさの石で復元しても、すぐに落下してしまうおそれがあるため、茸石の上に土をのせて、茸石を保護し、その上に芝を張って整備しています。
前方部の復元について前方部は築造当時の茸石が残っているところをそのまま保存し、茸石が残っていないところは落下した石を集めて葺きなおしました。したがって築造当時の姿に復元したといえるでしょう。ただ、下段については、茸石が小さいため、石の上に土盛りをして芝を張って保護しています。また、下段の東隅と西隅は電車の軌道や道路で切断されているため復元できませんでした。茸石の復元にあたっては、石の上に水はけをよくするための砂をひいたところ(南面・西面)と、石の沈下で斜面が凸凹にならないように石をコンクリートで固定したところ(東面)と二つの工法が採用されています。

五色塚古墳は一見、殺風景に見えますがこの辺りでは大きな古墳です。
関連記事

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3351:大きな古墳 by たまママ on 2006/07/17 at 16:49:01 (コメント編集)

大きな古墳ですネ~。関西に不案内なもので、大橋の手前に、こんな大きなものがあったなんて初めて知りました。
遠い昔、りっぱな人が治めていた場所なんでしょうね~。
なんだか、ロマンがありますネ(=^・^=)

3352: by うたた on 2006/07/17 at 18:04:33

ここの円筒型埴輪の中にゴミを突っ込むタワケ者がいるんで嫌になってしまいます(ゴミ箱と違うぞ)。どこにでもこんなヤツがいるんですわ。

3353:たまママさんへ by らいと on 2006/07/17 at 20:19:24 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
静かで景色の良いところですよ。^^
まわりには何もありませんが、海を眺めたり
考え事をするには絶好の場所だと思います。

3354:うたたさへ by らいと on 2006/07/17 at 20:24:56 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
悲しいけれど、おっしゃるとおりです。
持ち帰れるゴミは各自で持ち帰って欲しいのだけど、
せめてゴミ箱へ分別して欲しいと思います。
モラルの問題だけど難しいですね。(苦笑)

3355: by あすとろ on 2006/07/17 at 21:07:22

いやあすばらしい古墳です
ひとつひとつていねいに作っていっtがんですね。
w(◎o◎)wワオッ

3356:あすとろさんへ by らいと on 2006/07/17 at 21:16:26 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
すばらしく静かなところですよ。(・∀・)
実は 何 も ナ イ ?(・∀・)?と感じる人も
ままいることは内緒です。(ё_ё)(ド汗)
でもね。
歴史的に見ると貴重な古墳なんですよ。(^-^)/

3359: by hiromi on 2006/07/17 at 21:49:50 (コメント編集)

おはずかしながら
この手のお話しは詳しくありませんv-239
でもお勉強になりました!
応援ぽち!

3360:hiromiさんへ by らいと on 2006/07/17 at 22:40:48 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
詳しくなくてもふつうだと思います。
発掘するための許可もきびしい面がありますし
一般の人への公開される機会が限られているからです。
でも、考古学は楽しいですよ。^^
いろいろな想いをかきたててくれます。
後ほど改めて訪問致しますね。

3361: by 小池直行 on 2006/07/17 at 23:23:33

古墳ですか、どういう人のお墓なんでしょう。埼玉にもいくつか古墳がみられます

3362:小池さんへ by らいと on 2006/07/17 at 23:30:35 (コメント編集)

鋭いコメントありがとうございます。
古墳は一般に平地を見下ろす位置にあることが多いそうです。
五色塚古墳と小壺古墳は、海を見下ろす位置にあるために、
海と深いかかわりを持った人」だと考えられています。
具体的にどなたなのか、ということについては
現地に記述がありませんでした。
もしもわかれば後日、修正いたします。

3365:おぉーー by NAGAMI on 2006/07/18 at 05:24:43

僕、高校が兵庫県の市立西宮高校なんで、
知ってはいましたけど・・
写真でも、初めてみました・・すご・・
美しいです、とっても・・癒される・・
緩やかな、傾斜、石畳・・海と空の間・・・
5世紀頃てどんな時代だったんだろう・・
当時の家族や恋人とは、疲れた時にこの古墳を見て
癒されたのだろうか・・・
今のお寺や教会みたいなものだったんだろうか・・

3366:NAGAMIさんへ by らいと on 2006/07/18 at 07:24:00 (コメント編集)

おはようございます。
コメントありがとうございます。
古墳がひっそりと海を見下ろしている感じです。
今も海岸に近いところに位置していますが、
大昔もそうだったと思います。
私の個人的な想い出は急な坂です…。(汗)^^;
上って下ってまた上っての連続ですねぇ。

3367: by うさぎ on 2006/07/18 at 08:34:23

古墳には詳しくないのですが、(行ったこともないかも・・)勉強になりましたよ☆
ピラミッドと同じく、神秘的ですよね。
大昔の人はがんばりやさんだったなぁ・・・
よく考えて造られてて、びっくり。

3368: by Mr.T. on 2006/07/18 at 08:45:54

神戸の、しかもこんな海の近くに古墳があるとは・・・
し、知りませんでした。。。
 
それにしても、雄大な光景ですね。
昔の偉人さんの権力の大きさは、恐ろしいですね。。。

3370:うさぎさんへ by らいと on 2006/07/18 at 10:51:32 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
幼児の頃は古墳と知らずに、
周囲で遊び倒していたことは内緒です。(´ー`)
まるで庭のようでした。(汗)
重機のない時代にこれだけのものを作ったなんて!
と考えると偉大だなと思います。(^-^)/

3371:Mr.Tさんへ by らいと on 2006/07/18 at 10:55:24 (コメント編集)

コメントありがとうございます。
五色塚古墳のよいところは、交通の便が良いので
気軽に訪れることができる点です。
整備されているので味気なく感じる人もいるかもしれません。
でも、地中にはそのまま眠っているのだなと思えば
いい感じだと思いますよ。^^

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。