プロフィール

らいとNGC7000

Author:らいとNGC7000
神戸市在住です。乙女座。AB型。好きなこと・趣味:天文、観劇、ぶらりと散策、囲碁将棋。Blogの記事内容は、すべて管理人の私見です。
Link先への訪問は自己責任でお願い致します。
使用カメラは、CANON IXY510IS IXY110IS です。

FREE AREA


moon phases


募金 役者のひとり言 甲斐政彦の役者ブログ
月世界への招待

最近の記事

Categories

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9081: by ウォーリック on 2014/08/10 at 10:58:38

オニヤンマ、ルリボシカミキリ、アオスジアゲハ、
ウチワヤンマが大好きな昆虫でした。

理由はきれいだから。

水色が好きだったのと、大型のトンボの飛行
姿勢があまりに安定していて目が離せなくなるのが
理由です。

長い水中世界の滞在から、やがて大空に羽ばたくなんて
ロマンチックですね。人間にはマネできない世界。

レインボーマンみたいです。

9083:ウォーリックさんへ by らいとNGC7000 on 2014/08/10 at 22:35:38 (コメント編集)

コメントありがとうございました。
私も美しい昆虫に惹かれます。
玉虫やキラキラと輝くカナブンも綺麗ですね。
パトロールしているオニヤンマも見かけたのですが、
写真に撮ることは至難の業です。

レインボーマン … (・∇・)♪
私は緑色の形態のときが好きでした。
茶色(土の中を移動)が多くて、なんでやねん?
と思っていたことを覚えています。

▼このエントリーにコメントを残す

   

オニヤンマ

こんばんは。

台風11号の影響で強風が吹き荒れております。
私は雨の止んだ時を見計らって、スーパーへ買い物へ行きましたが、
店内はガランと空いておりました。
コロッケ
画像は牛ひき肉入りコロッケです。
ここのところ、2日間続けてインスタント食品を消費しておりました。(;´д⊂)
台風のときの心得、基本を思い出し、コロッケや食料品等を買い出しです。

ちなみにコロッケは、英語で croquette といいます。
フランス、オランダ、ポルトガルの人たちとはコロッケ談義で気が合うかもしれません。

台風の強風・大雨が止むまでは、じっと待機していましょう。

7月25日、私は小池の周りを観察していました。
小池の畔
すると、オニヤンマがとまっていることに気がつきました。
この辺りでは最近見られなくなっていたトンボです。

以前、何かの本でオニヤンマは、成虫になるまでに
ヤゴから5年近くかかるものもいる、と読んだことがあります。
気になっていましたので、改めて調べてみました。
オニヤンマ
オニヤンマは、北海道から沖縄島まで広く分布しています。

学名は、Anotogaster sieboldii
♂ 全長 82 ~ 103mm 腹長 59 ~ 78mm 後翅長 48 ~ 59mm
♀ 全長 91~ 114mm 腹長 6 8~ 82mm 後翅長 54 ~ 66mm

♂♀とも複眼は緑色で左右が1点で接します。
腹部の黄班は環状で等間隔に並んでいます。
腹部の黄斑は地域によって異なります。
未成熟時は翅の基部に橙色班がありますが、成熟すると消えます。
産卵弁は長大で、腹部末端から突き出ています。

成虫は6月下旬から10月上旬に出現します。
生息環境は、平地 ~ 山地の周囲にある
河川上 ~ 中流域や小川、流れ周辺の湿地などです。
卵の期間は、1~2か月程度で、
幼虫期間は3~4年程度(3~4年一世代)です。
幼虫で越冬します。

日本最大のトンボで♀では全長が10cmを超えます。
♂♀ともに黄色と黒の縞模様となります。
複眼は成熟過程で灰褐色から緑色に変化します。
♀は極めて長い産卵弁をもち、奄美諸島と沖縄島の個体は、
腹部の黄班が腹面で拡がっています。

DNA解析では地域間で変異が見られます。
国内では北海道 ~ 屋久島の個体群、
奄美諸島個体群、沖縄島個体群の3つに大きく分かれます。
伊豆諸島の個体群は本土の個体群と明瞭な差異はありません。

(日本のトンボ 尾園暁・川島逸郎・二橋亮 共著 文一総合出版 P.290)
オニヤンマ
ヤゴは3年から4年かけて成虫になるのですね。
子供の頃は、よく見かけて追いかけては網で捕っていました。
オニヤンマは大きくて格好いいトンボです。
関連記事

人気ブログランキングへ
このエントリーのタグ: オニヤンマ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9081: by ウォーリック on 2014/08/10 at 10:58:38

オニヤンマ、ルリボシカミキリ、アオスジアゲハ、
ウチワヤンマが大好きな昆虫でした。

理由はきれいだから。

水色が好きだったのと、大型のトンボの飛行
姿勢があまりに安定していて目が離せなくなるのが
理由です。

長い水中世界の滞在から、やがて大空に羽ばたくなんて
ロマンチックですね。人間にはマネできない世界。

レインボーマンみたいです。

9083:ウォーリックさんへ by らいとNGC7000 on 2014/08/10 at 22:35:38 (コメント編集)

コメントありがとうございました。
私も美しい昆虫に惹かれます。
玉虫やキラキラと輝くカナブンも綺麗ですね。
パトロールしているオニヤンマも見かけたのですが、
写真に撮ることは至難の業です。

レインボーマン … (・∇・)♪
私は緑色の形態のときが好きでした。
茶色(土の中を移動)が多くて、なんでやねん?
と思っていたことを覚えています。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。