プロフィール

らいとNGC7000

Author:らいとNGC7000
神戸市在住です。乙女座。AB型。好きなこと・趣味:天文、観劇、ぶらりと散策、囲碁将棋。Blogの記事内容は、すべて管理人の私見です。
Link先への訪問は自己責任でお願い致します。
使用カメラは、CANON IXY510IS IXY110IS です。

FREE AREA


moon phases


募金 役者のひとり言 甲斐政彦の役者ブログ
月世界への招待

最近の記事

Categories

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

神戸市立博物館 ターナー展

こんばんは。
高校野球の決勝戦、どちらを応援するか非常に悩みましたが、
美術館へ行って来ました、らいとNGC7000です。

そのまた昔「栄冠は君に」の
 ゲームのシリーズをよくPlayしていました。
  フリーソフトでは、
   高校野球シミュレーション4があります。
http://www.vector.co.jp/soft/
winnt/game/se479812.html
どちらもとことんはまったのは、ここだけの話です。

ターナー展は最終日が近いこともあるのでしょうか、
混んでいる印象でした。

ジョセフ・マロード・ウィリアム・ターナーの父親は理容師だったそうです。
幼い頃より絵の才能を周りに認められて、父親も援助したそうです。
ターナー展
私が印象に残ったことの一つは、
イタリア旅行(グランド・ツアー)の7か月の間に
23冊ものスケッチブックを用いたというお話です。

66番からの挿絵や、97番月の出も印象に残りました。
93番ヴェネツィア 嘆きの橋 の一筆箋(450円)を
購入して帰途につきました。
ターナー展
ターナー展を見終わった後の、館内のステンドグラスの写真です。

ターナー展

ターナー展は4月6日(日)まで
神戸市立博物館にて開催中です。

英国最高の巨匠 待望の大回顧展! ターナー展
http://www.turner2013-14.jp/

神戸市立博物館公式サイト
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/
culture/institution/museum/
関連記事

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。