プロフィール

らいとNGC7000

Author:らいとNGC7000
神戸市在住です。乙女座。AB型。好きなこと・趣味:天文、観劇、ぶらりと散策、囲碁将棋。Blogの記事内容は、すべて管理人の私見です。
Link先への訪問は自己責任でお願い致します。
使用カメラは、CANON IXY510IS IXY110IS です。

FREE AREA


moon phases


募金 役者のひとり言 甲斐政彦の役者ブログ
月世界への招待

最近の記事

Categories

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ダーウィンが来た!第354回

アフリカ大陸 ボツワナ共和国が舞台です。
首都はハボローネです。

語り 近田雅一さん 

アフリカ水牛(アフリカンバッファロー)
巨大な角は、左右に張り出し、幅は1メートル近くになります。

オスはヘルメット状の盛り上がっている部分で争います。

暑さに弱いため、水に入って体を冷やします。

地面に寝っころがって、泥まみれになって
強い日差しから皮膚を守ります。

雨季は出産の季節です。

赤ちゃんは生まれてすぐに歩き出します。
草原は食べ物に困ることはありません。
普段は平和な毎日をすごします。
ところが。
雨季が終わると暮らしは一変します。

乾季は半年も続きます。
乾季になると、干上がって森の木々、草原の草も
あらゆる緑が消えてしまいます。

象の家族が食べ物を探している場面です。
わずかに残っている枯草や小枝を食料としています。

2頭の象が、心配そうに立ち止まっています。
子供の象が立ち上がれなくなっています。
そのまま命を落としてしまいました。

ボツワナ共和国 チョベ川
1000頭を越える大集団です。

雨季には川の水があふれてまるで湖のようですが、
乾季になると、川幅が狭まり、水辺になります。

多くの動物たちが集まり、一見平和ですが。
危険も待ち構えています。

川沿いに縄張りを持つ、ライオンが遠くを見つめています。
視線の先には、バッファローの大群がいます。

バッファローたちはライオンに気が付いていません。
ライオンとの距離が近づいています。

バッファローたちは逃げないで、ライオンに頭を向けています。
ライオンを追い散らそうとするバッファロー。
ライオンは群れから離れるバッファローを狙っています。

一進一退の攻防が繰り返されます。
押し引きが20分ほど続き、ライオンはくたくたになって諦めました。

ヒゲじい
ライオン流の狩りは、
ライオンは背後から襲います。
バッファローにとって、攻撃が最大の防御となります。
牛だけに、ぎゅうぎゅうづめ。

ライオンを追い払ったバッファローの群れは、川から離れ、
低い木がまばらに生えている場所へ移動します。

雲一つない空、日差しが強烈です。
バッファローは固まって暑さをしのぎます。

ライオンも暑さが苦手です。
昼間に狩りに出かけることはありません。

夕方、バッファローたちは食事のために草原に出てきました。
ライオンも出てきました。
草を食べ続けるバッファロー。
ライオンもそれを観察しています。

バファローの居候
ウシツツキ 
頭の上にも背中の上にも、とまっています。
体についたダニを食べています。

ダニだけでなく、傷口からは血液を。
バッファローは痛そうです。

泳ぐバッファロー。子どもたちも泳いでいます。
2頭のライオンが姿勢低く張り付いています。
両者の距離がおよそ10メートルになったとき。
バッファローは新鮮な草に夢中です。

先頭のバッファローが気が付いた瞬間、ライオンが襲い掛かります。
転んだバッファローが餌食になりました。
襲われたのは、まだ幼い子供でした。

ライオンは冷静に観察していたため、体力を使うことなく
難なく獲物を仕留めました。
もう一頭のライオンは、川の中でバッファローを溺れさせて仕留めました。

なぜバッファローはライオンに気が付かなかったのか?
撮影スタッフが再現します。
水が干上がると、幾つものくぼみができます。
それをライオンはよく知っていました。
弱肉強食の世界です。

10月、バッファローはピークを迎えました。
高齢のバッファローが伏せています。
ライオンがゆっくりと近づいてきました。
全く気が付かないバッファロー。
立ち上がったものの、仲間は1頭もいません。
絶体絶命のピンチ。

ライオンたちに囲まれるバッファロー。
体は大きいのですが。
複数のライオンに襲われては、うなり声もむなしいだけです。
体力を失い、仲間についていけなくなったバッファローは
ライオンの攻撃から逃れるすべはありません。

11月。
雨季が来ました。
半年ぶりに浴びる大量の雨です。
感想の季節がようやく終わろうとしています。
バッファローたちは、ボツワナ北部へと。
危険から逃れることを意味します。
ライオンにとっては狩りの季節が終わることを意味します。

巡りゆく季節の中で、壮絶な … 。

次回は、ウミウシです。

多聞寺の花菖蒲
写真は神戸市垂水区の多聞寺の花菖蒲です。

花菖蒲
多聞寺では、今年も見られると思います。

ダーウィンが来た!生きもの新伝説 公式サイト
http://www.nhk.or.jp/darwin/
関連記事

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。