プロフィール

らいとNGC7000

Author:らいとNGC7000
神戸市在住です。乙女座。AB型。好きなこと・趣味:天文、観劇、ぶらりと散策、囲碁将棋。Blogの記事内容は、すべて管理人の私見です。
Link先への訪問は自己責任でお願い致します。
使用カメラは、CANON IXY510IS IXY110IS です。

FREE AREA


moon phases


募金 役者のひとり言 甲斐政彦の役者ブログ
月世界への招待

最近の記事

Categories

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

仰げば尊し

こんばんは。
今日は神戸ハーバーランドで開催された講演会を
聞きに行ってきました。

神戸駅


神戸新聞 松方ホール

8月3日、神戸総合運動公園で、ラジオ体操の
大きなイベントが開催されることが決定しているようです。
同じ時間に、全国合わせて1千万人がラジオ体操しよう!
という内容だったと記憶しています。


本の紹介です。

「仰げば尊し」は辛い歌だ
卒業式の日に「仰げば尊し」を歌わせない学校があった。
その学校は、小学校・中学校・
高等学校・短期大学を含むところの、
一貫した教育が行われる学校である。

 なぜ卒業生に「仰げば尊し」という
 卒業式の歌を歌わせないかというと、
 教師にとってあれくらい辛い歌はないからだと校長が言った。
 また、卒業式は、生徒よりも教師にとって、
 より一層辛い日であるという。

なぜならば、それは、教師が、
未完成な作品を上級の学校へ、
あるいは社会へと送り出す日だからである。

教師としてはああもしたかった、
こうもしたかったという、
その三割か四割かのことしか
してやれなかった作品(卒業生)を
見ているだけで辛く悲しい。
後悔と慙愧で胸が一杯になっている。
そこへ「仰げば尊し、わが師の恩……」
と歌われるのではたまったものではない。

 なるほど、そう言われてみると、
 校長の気持ちがわかるような気がする。
 というより、私は、その話を聞いたとき感動した。

神戸花物語2014

ちょうどその日は卒業式のあった日で、
夜になって、校長と二人の教師と私とで、酒を飲んだ。
校長は、毎年、卒業式の夜には大酒を飲むという。
まあ、そうでなくても酒を召しあがる方ではあるが。

別の日に、その校長は、こんなことを言った。
校庭に一人だけ、ポツンと生徒が立っている。
たとえば土曜日の暮れ方であったとする。
その生徒は、そうやって、
英語の単語でも暗記しようとしているのかもしれない。

 校長は、そういう姿を見るとたまらなくなる。
 その生徒は、家庭的に恵まれない子どもである。
 あるいは体の丈夫でない子どもである。
 あるいは自分の志望する学校に進学できなくて、
 浪人中であって、母校にふらふらと
 入ってきてしまった生徒である。

校長は、そういうとき、仕事を放りだして
校庭へ駈けてゆくという。
そうして「おい!」と声をかける。

 「おい、××君! どうしている?」。
  肩をたたくこともある。
 「おい××君、勉強しているかい?」

どうしてもそうせずにはいられないそうだ。
そうして、教育とは、教育の役目とは、
そのことに尽きるのではないかと言う。

教育とは生徒に声をかけてやることではないか。
校長は、むしろ絶望的な調子で、
それ以上のことはできないと言った。

私はこのふたつの話に感動した。
それで、この話をモトにして長い小説を書いた。

参考文献:礼儀作法入門 山口瞳 著 集英社文庫

P.140 18・卒業式・入学式


礼儀作法入門 (新潮文庫)
礼儀作法入門 (新潮文庫)

※私の手もとにあるのは集英社の文庫本です。
 各々アマゾン等でお調べください。

  良い話です。古きよき時代かもしれませんが、
  校長先生はこうでなくちゃ!と思いました。

神戸花物語2014

明日も神戸駅は花と人々の笑顔に包まれるでしょう。
関連記事

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。