プロフィール

らいとNGC7000

Author:らいとNGC7000
神戸市在住です。乙女座。AB型。好きなこと・趣味:天文、観劇、ぶらりと散策、囲碁将棋。Blogの記事内容は、すべて管理人の私見です。
Link先への訪問は自己責任でお願い致します。
使用カメラは、CANON IXY510IS IXY110IS です。

FREE AREA


moon phases


募金 役者のひとり言 甲斐政彦の役者ブログ
月世界への招待

最近の記事

Categories

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

吉岡たすく氏のことば

子どもは一人一人ちがうのだということを頭に入れて、あわてないで信用し、子どもになんでもさせる。
失敗は多いほどいいのだから、失敗しても決してしからない。「やる気を育てる」にはこれ以外の方法はない

吉岡たすく 教育評論家 『やる気を育てる』より (敬称略)

あたりまえ体操

http://www.youtube.com/watch?v=3yVlj-j64_k

「ひとと同じでなくていいということを、まず頭に入れておいてほしい。花でたとえれば、ウメもモモもサクラもキクも、みんな花です。咲くのは同じ。しかし、時期がそれぞれちがいます。サクラは春咲くが、キクは秋にならないと咲きません。秋まで待てば、咲くのです。ところが隣の家の子が、サクラだもんだから『あの子が咲いているのに、あなたはどうして咲けないの』とせきたてる。そして“励まし”という水もやらない。これではキクは咲かずに枯れてしまう」
 教育評論家の吉岡たすくは「やる気を育てる」ことについて、このようにのべている。親が勉強していないで、子どもに「勉強しなさい」と責めたてても、するはずがない。
「努力して本をよむことをしないでいれば、つかわない手足が弱くなるように本を理解する力は衰えます。三十をすぎると人間は適応力がだんだんなくなりますから、二十代の主婦は本をよむ習慣を忘れないようにすることです。子どもが学校へいくころ本をよもうとしても歯がたたないのでは、子どもが中学生になったら必ずバカにされます」
松田道雄
一日一日の人生論 久我利男 三笠書房 (敬称略)より

20140204_IMG_5035_2013_1204.jpg
写真は、神戸市中央区内です。去年の12月4日に撮影しました。
関連記事

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。