プロフィール

らいとNGC7000

Author:らいとNGC7000
神戸市在住です。乙女座。AB型。好きなこと・趣味:天文、観劇、ぶらりと散策、囲碁将棋。Blogの記事内容は、すべて管理人の私見です。
Link先への訪問は自己責任でお願い致します。
使用カメラは、CANON IXY510IS IXY110IS です。

FREE AREA


moon phases


募金 役者のひとり言 甲斐政彦の役者ブログ
月世界への招待

最近の記事

Categories

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8867:らいとNGC7000さん、こんばんは、 by Digital_Photo 花遊悠 on 2014/01/27 at 19:46:49

何時も、拍手にコメントを付けて戴き有り難う御座います、
時に、心情やニュアンス、表情が見えず、
トンチンカンな会話に為って、失礼しています、

大都会に生息する、動物の自然観察を、ビデオの解説を戴くが如く、
事細かく解説され、注意力と観察力の細やかさが、垣間見られます、
現場にいるような様が、目に浮かんで見えます、
貴重な楽しい話でした、
有り難う御座いました。

8869:花遊遊さんへ by らいとNGC7000 on 2014/01/27 at 21:55:58 (コメント編集)

拍手ですませることもあり、申しわけございません。
コメント欄で語るには、事情が込み入って言葉を選ぶことが難しい場合があります。数年前はそうでもなかったことが、現在では全く通用しなくなっていることにも気が付きました。今更、更級日記ですよ。(・∇・)
古典、以前に比べると何とか読めるようにはなったけどね。
でも、まだまだ全然わからないことが多いです。(;´д⊂)
ダーウィンは、良質の番組だと思います。撮影されている技術スタッフの方は、装置をつくるために3日間の徹夜を続けたとか。そんな思いをしてでも、届けたいものがある。私はすばらしいと心から尊敬します。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ダーウィンが来た!第351回感想

大都会、東京で暮らすアナグマのお話です。
ICU(国際基督教大学)のキャンパスの森が舞台です。
上遠岳彦教授が登場。アナグマの掘ったと思われる穴が30個近くあるそうです。


動物園の話が紹介されました。
当初、昼間訪れても、アナグマが見えないために閑古鳥が鳴いていたそうです。
側壁の一部を透明にすることによりアナグマの行動が見やすくなりました。

「アナグマは土を掘るけれど、タヌキは掘らないんだ。」
とお子さんが語っていたのが印象的です。

夜の8時に食堂にやってきた常連さんのような行動をするアナグマ。
その様子は、まるでメインディッシュを探しているかのようです。
お水をおいしそうに飲んでいました。
別のアナグマも現れ、最後は仲良くみんなでお風呂に入っていました。
兄貴は弟に風呂を譲っていましたね。

※ 雑食ですから、たぶん、山桃の実も分けて食べることでしょう。
  枝を折ることはしませんね。 

発達した前足の爪(つめ)を蓋(ふた)にかけて
開けている様子も紹介されていました。とても器用です。

20分間以上、夢中で食べ続けるアナグマ。
「まるで行列のできる食堂のようです。」との解説がありました。
料理の注文にうるさいアナグマたち。

 ※ よく似た題名の宮沢賢治の小説があります。
   注文の多い料理店

久保田さん(NPO法人)が登場していました。
アナグマは雑食で冬に向けて脂肪をたくわえないといけません。
校舎の地下の場面です。入口は狭いけれど、中は広々としています。
人間は普段近づかない場所なので警戒する必要もありません。
複雑に入り組んだ配管の下を歩くアナグマたち。
狭いすき間でも大丈夫のようです。
少なくとも3匹のアナグマが利用しているのだとか。
地下の配管には、温水が流れているために暖かいようですね。
快適な生活を楽しんでいるようです。

素顔が明らかになりつつアナグマ。

平原綾香さんの音楽♪が流れます。

適応力の高さから研究が続けられているアナグマ。
もしかするとあなたの街にやってくる日が近いかもです。

次回は灰色オオカミ、獲物はバイソンです。
大きな熊も登場するそうです。

宮島の大鳥居

写真は本文とは関係ありません。広島の宮島の大鳥居です。
関連記事

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8867:らいとNGC7000さん、こんばんは、 by Digital_Photo 花遊悠 on 2014/01/27 at 19:46:49

何時も、拍手にコメントを付けて戴き有り難う御座います、
時に、心情やニュアンス、表情が見えず、
トンチンカンな会話に為って、失礼しています、

大都会に生息する、動物の自然観察を、ビデオの解説を戴くが如く、
事細かく解説され、注意力と観察力の細やかさが、垣間見られます、
現場にいるような様が、目に浮かんで見えます、
貴重な楽しい話でした、
有り難う御座いました。

8869:花遊遊さんへ by らいとNGC7000 on 2014/01/27 at 21:55:58 (コメント編集)

拍手ですませることもあり、申しわけございません。
コメント欄で語るには、事情が込み入って言葉を選ぶことが難しい場合があります。数年前はそうでもなかったことが、現在では全く通用しなくなっていることにも気が付きました。今更、更級日記ですよ。(・∇・)
古典、以前に比べると何とか読めるようにはなったけどね。
でも、まだまだ全然わからないことが多いです。(;´д⊂)
ダーウィンは、良質の番組だと思います。撮影されている技術スタッフの方は、装置をつくるために3日間の徹夜を続けたとか。そんな思いをしてでも、届けたいものがある。私はすばらしいと心から尊敬します。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。