プロフィール

らいとNGC7000

Author:らいとNGC7000
神戸市在住です。乙女座。AB型。好きなこと・趣味:天文、観劇、ぶらりと散策、囲碁将棋。Blogの記事内容は、すべて管理人の私見です。
Link先への訪問は自己責任でお願い致します。
使用カメラは、CANON IXY510IS IXY110IS です。

FREE AREA


moon phases


募金 役者のひとり言 甲斐政彦の役者ブログ
月世界への招待

最近の記事

Categories

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8800: by overture1975 on 2013/12/19 at 23:15:41 (コメント編集)

らいとさん、こんばんは、お久しぶりです
コメントありがとうございました

「泣く」って最近注目されてますよね
落語のような、「泣ける話」なんかを最近耳にしました
泣くことによって何か発散させることができるのでしょうか?
笑う事も良いって聞きますけど、その違いは?
でも感情を抑えないで、泣いて笑っていく
そんな生き方も良いと思いました

8803: by らいとNGC7000 on 2013/12/21 at 20:30:34 (コメント編集)

overture1975さんへ

本当に、お久しぶりです。
覚えていてくださり、ありがとうございます。

落語との共通点はあると思いますよ。
落語を聞いて(見て)いるときは、集中します。
夢中になると、周りのことがあまり気にならなくなります。
発散させることは良いことだと、素人の私ですが、そう感じます。

感情を抑えて強く生きる人間は、一番すばらしいと思います。
でも、なかなかそれができる人は少ないかもです。

▼このエントリーにコメントを残す

   

「悲しみ」について精神分析する

今年の11月30日に、公開講座兼、講演会に行って来ました。
ノートにメモを取ってきましたので、記事に書きたいと思います。


神戸芸術工科大学


「悲しみ」について精神分析する


私たちの人生に「悲しみ」はつきものです。しかし、「悲しみ」がなぜ生まれ、
それとどうつき合って行けばいいのか、病的な「悲しみ」はあるのか、などに
ついて、これまであまり多くの研究は行われてきませんでした。最近は、
「泣ける映画」なども流行っており、積極的に悲しみを味わい、生活に生かそう
とする動きもあります。この機会に「悲しみ」について精神医学や脳科学なども
用いながら積極的に考えてみたい、というのがこの講座の目的です。


2013年11月30日(土)14:00~16:00
神戸芸術工科大学 内 吉武記念ホール 定員:500名
聴講無料・申込不要・先着順
一般の方もご参加いただけます。


香山リカ   Profile
KAYAMA Rika
1960年生まれ。精神科医。神戸芸術工科大学大学院特別教授。
東京医科大学卒。
豊富な臨床経験を生かして、現代人の心の問題を中心にさまざまなメディアで発言を続けている。専門は精神病理学。ラジオ「香山リカのココロの美容液」(金曜・夜9:30より)でパーソナリティをつとめる。


キリストの埋葬
Simono Martini,14世紀

ヨーロッパの絵画 悲しみを表している絵画の紹介がありました。

 とてもたくさんの絵画がありますね。
 どれだったかな?と驚いています。(汗)


香山氏は「悲しみを表している日本の絵画が、なかなか見つからない」とおっしゃっていました。


私たちは、あまり人前で悲しんではいけない、泣きわめいていはいけない、
と言われることが多い。

今年も横浜で、踏切の事件がありました。
女性が命を落とす、痛ましい事件でした。

女性の父親にインタビューをしたところ、しっかりと答えていました。
娘を褒めてやりたい。立派だった、と。

女性のご両親は、しっかり対応されていました。
内心はどんなに辛かったのでしょうか。

日本では、泣ける映画、泣ける何とか、が有名で人気です。

これは、自分の人生と違うところで、作品として泣ける映画が好きということ。
そこで泣くのは、悲しみとは少し違う。
実生活の方では、悲しみを抑え、生きています。

では、西洋の絵画では、悲しみを表している絵画は多いのか?
海外では、キリストの死を悼む人たちが多いです。

大変興味深い内容でした。

続きは、後日、書きます。
確約はできませんが、私は書くつもりでいます。

神戸芸術工科大学

貴重な公開講座をありがとうございました。
関連記事

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8800: by overture1975 on 2013/12/19 at 23:15:41 (コメント編集)

らいとさん、こんばんは、お久しぶりです
コメントありがとうございました

「泣く」って最近注目されてますよね
落語のような、「泣ける話」なんかを最近耳にしました
泣くことによって何か発散させることができるのでしょうか?
笑う事も良いって聞きますけど、その違いは?
でも感情を抑えないで、泣いて笑っていく
そんな生き方も良いと思いました

8803: by らいとNGC7000 on 2013/12/21 at 20:30:34 (コメント編集)

overture1975さんへ

本当に、お久しぶりです。
覚えていてくださり、ありがとうございます。

落語との共通点はあると思いますよ。
落語を聞いて(見て)いるときは、集中します。
夢中になると、周りのことがあまり気にならなくなります。
発散させることは良いことだと、素人の私ですが、そう感じます。

感情を抑えて強く生きる人間は、一番すばらしいと思います。
でも、なかなかそれができる人は少ないかもです。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。