プロフィール

らいとNGC7000

Author:らいとNGC7000
神戸市在住です。乙女座。AB型。好きなこと・趣味:天文、観劇、ぶらりと散策、囲碁将棋。Blogの記事内容は、すべて管理人の私見です。
Link先への訪問は自己責任でお願い致します。
使用カメラは、CANON IXY510IS IXY110IS です。

FREE AREA


moon phases


募金 役者のひとり言 甲斐政彦の役者ブログ
月世界への招待

最近の記事

Categories

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8600: by sora on 2010/08/23 at 01:25:47 (コメント編集)

こうして写真で見せていただく風景は緑も多く川のせせらぎもありのどかで嬉しい限りですが・・
外は暑かったですよね~お疲れ様でした^^。

8601: by らいとNGC7000 on 2010/08/23 at 23:55:13 (コメント編集)

soraさんへ

コメントありがとうございました。
野山を見ながらの散策は楽しいのですが、暑い中、自販機がありません。
秋の紅葉の頃だと心地よいと思います。

8606: by 翔子 on 2010/08/24 at 22:36:01

摩崖物こんな所にもあるのですねぇ
知らなかったなぁ
でも随分上の方なんですね
歩いていくと少しありそうですね

8610: by らいとNGC7000 on 2010/08/25 at 20:30:01 (コメント編集)

翔子さんへ

コメントありがとうございました。
案内標示はわかりやすいのですが、麿崖仏は気がつきにくいです。
昔の主要街道ということで、他にお勧めのものがあるといいのですが、
周囲は薮と畑とため池があるくらいなんです。

そっと見守ってくれている感じがしましたよ。

▼このエントリーにコメントを残す

   

木津の麿崖仏

こんばんは。8月も下旬に入ったというのに、暑い日が続いておりますね。
ガリガリ君
ガリガリ君を食べながら、テレビで高校野球を見ていたのも過去の話。(´ー`)
準決勝で報徳学園を倒し優勝した興南高校。おめでとうございます。
序盤でリードされても全く動揺しない強さが印象に残りました。

ガリガリ君は近所のスーパーのタイムセールに敗れ、最後の1本でした。。゚(ノД`)゚。
今年の夏は、なかなか入荷しないんですよ。(・∀・;)

さて。ある夏の日のこと。
私は読んだ本に触発されて、神戸電鉄に乗って木津駅へ向っていました。
神戸電鉄
神戸市北区ではメタセコイヤの化石が見つかるそうです。
小学生の頃は、近所でも見られた植物の化石。
大人になってからは、さっぱり目にすることもありません。
木津駅
木津駅に到着しました。お昼すぎですが、降りたのは私一人です。
木津駅 地図
「大丈夫かいな?」と思いつつ。
目の前には、あまり参考にならない大雑把な案内標示がありました。
木津の田園風景
田園風景にいやされながら歩きます。
ハグロトンボ
ハグロトンボは、カワトンボのなかでは珍しくないそうですが、
普段見ることのできない私はうれしかったです。(^-^)
川池看板
川池です。
川池
子どもさんが靴や帽子を落としたときは、決して自分で拾わずに、大人に連絡しましょう。
麿崖仏へ
「太陽と緑の道 麿崖仏」という案内が気になり、先へ進んでみることにしました。
しばらく歩いて行くと、史跡の案内標示が立っていました。
木津の麿崖仏
神戸市指定文化財(史跡)木津の麿崖仏

この道は、平清盛が神戸の福原に都を置いた頃(1168年)、都から鵯越を経て、
三木方面や姫路方面への主要街道になっていました。
1184年には、源義経がこの道を通って鵯越に出、
一の谷で平家を討ったのは平家物語で有名になっています。
この街道を行き交う人の旅の安全を祈って刻んだのがこの麿崖仏です。

木津フレクシャーと呼ばれている断層の一部の礫岸壁に、
縦32cm、横2.2mのくぼみを彫り、中央に阿弥陀如来坐像、
左右に三体ずつの地蔵菩薩を浮き彫りにしています。

「丁亥 石大工兵衛 文正ニ天(1467年━室町中期)と刻銘が残っており、
神戸付近で規模の大きいものでは、この麿崖仏と太山寺の不動明王の麿崖仏の2ヵ所だけです。
木津の麿崖仏
「どこにあるのかな?」と見上げてみると、崖の側面上部にあるのがわかります。
木津の麿崖仏
メタセコイヤは見つからず、飲料水もつき……(´ー`)
でも、無事に何とかここまで来れました。お祈りして帰ろう。
木津の麿崖仏
「大河ドラマの平清盛の放送の際に、紹介してもらえるといいな」
と思いながら、帰途に着きました。
神戸電鉄
神戸市北区の小河では、かつてメタセコイヤの化石や琥珀が見られたそうです。
今では雑木林の中に埋もれてしまっているのかもしれません。
関連記事

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8600: by sora on 2010/08/23 at 01:25:47 (コメント編集)

こうして写真で見せていただく風景は緑も多く川のせせらぎもありのどかで嬉しい限りですが・・
外は暑かったですよね~お疲れ様でした^^。

8601: by らいとNGC7000 on 2010/08/23 at 23:55:13 (コメント編集)

soraさんへ

コメントありがとうございました。
野山を見ながらの散策は楽しいのですが、暑い中、自販機がありません。
秋の紅葉の頃だと心地よいと思います。

8606: by 翔子 on 2010/08/24 at 22:36:01

摩崖物こんな所にもあるのですねぇ
知らなかったなぁ
でも随分上の方なんですね
歩いていくと少しありそうですね

8610: by らいとNGC7000 on 2010/08/25 at 20:30:01 (コメント編集)

翔子さんへ

コメントありがとうございました。
案内標示はわかりやすいのですが、麿崖仏は気がつきにくいです。
昔の主要街道ということで、他にお勧めのものがあるといいのですが、
周囲は薮と畑とため池があるくらいなんです。

そっと見守ってくれている感じがしましたよ。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。