プロフィール

らいとNGC7000

Author:らいとNGC7000
神戸市在住です。乙女座。AB型。好きなこと・趣味:天文、観劇、ぶらりと散策、囲碁将棋。Blogの記事内容は、すべて管理人の私見です。
Link先への訪問は自己責任でお願い致します。
使用カメラは、CANON IXY510IS IXY110IS です。

FREE AREA


moon phases


募金 役者のひとり言 甲斐政彦の役者ブログ
月世界への招待

最近の記事

Categories

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8563: by りんだ on 2010/07/23 at 09:08:16 (コメント編集)

おはようございます~~♪
世界中にはいろんな植物があまりにもありすぎていつもびっくりです。
凄いですね。雨がなくても何年も生きる植物というのも・・・
前にエアプランツというのを育てたことがありますが・・・やっぱり空気中の水分で生きてるというのでしたがいつのまにかなくなってしまいました。あったまに霧吹きで水を吹きかけてましたが。

8564: by らいとNGC7000 on 2010/07/23 at 20:00:32 (コメント編集)

りんださんへ

コメントありがとうございました。
次の雨の機会を待って水分を蓄えてじっと待つというのは、
けなげだなと思いました。
まだ知らない植物がたくさんありますね。

▼このエントリーにコメントを残す

   

アロエ・ディコトマとダシリリオン・ロンギッシムム

兵庫県立子どもの館では、7月24(土)、25日(日)に
絵本のかえっこバザールを開催します。
子どもの館までは、姫路駅からバスで約20分です。

公式サイトです。
http://kodomonoyakata.jp/

奇跡の星の植物館では展示室が1から6まであり、
植生に合わせて、テーマにそって多くの植物が展示、紹介されています。
展示室1プランツギャラリーでは、
乾いた土地で生きる多肉植物を見ることができます。

アロエ・ディコトマ

アロエ・ディコトマです。
Aloe dichotoma ssp.dichotoma
ススキのキ科アロエ属
原産地:ナミビア、南アフリカ

日本からはるか離れたアフリカ南部の
ナマカランドとよばれる地域に自生するアロエの仲間です。
この株は樹齢約三百年以上と推測され、その大きさは搬入時、
茎幹の直径1メートル、高さ3.5メートル、重量約1.5トンでした。

太く多厚した茎は、水や養分を蓄える働きをしており、
雨がなくても何年も生きることができます。
自生地では、若い蕾が食用にされ、
その姿、味ともアスパラガスに似ています。

アロエ・ディコトマ

また花の蜜はミツドリを引き寄せ、
茎は原住民に矢筒として利用されていました。
枯れた大株の幹は、繊維質を多分に含んでいるため、
水や肉、野菜を貯蔵しておく“自然冷蔵庫”としても利用されます。

このようにアフリカの人々にとっては、
生活に密着したたいへん重要な植物です。
植物館では毎年12月頃、レモン色の花を多数咲かせてくれます。

ダシリリオン・ロンギッシムム

ダシリリオン・ロンギッシムム
Dasylirion longissimum
リュウゼツラン科ダシリリオン属
原産地:アメリカ南部~メキシコ

ダシリリオン・ロンギッシムム

アメリカ南部から中央アメリカの乾燥地帯に
約15種分布する植物です。
直立した幹に細く長く、硬い葉を放射状に展開し、
この葉の様子からギリシア語 dasys(密集した)lirion(ユリ)
の名前が付けられました。

非常に有用性に富んだ植物で、
原産地では葉を切り取って集め屋根の材料にしたり、
かごを編んだり、繊維をとってロープを作ったりしています。
また幹から搾出した駅で、ソトル(sotol)と
呼ばれるお酒もつくられます。
繁殖は種子によりますが、生長は遅いです。

プヤ・ペルテロニアナ

サボテンたくさん

サボテンがたくさんありました。

キリン冠

キリン冠はキリンの模様に似ていますね。
… と思ったのですが、由来は、あれ?(・∀・;)
調べたのですが、よくわかりませんでした。

キリン冠について説明してくださっている方のページを紹介します。
http://ele-middleman.at.webry.info/200601/article_65.html

マミラリア・レッティンギアナ

白棘金鯱
白棘金鯱です。
白棘金鯱
皆んなで上のひとつを支えています。
サボテンコーナー(プランツギャラリー)の見学は楽しいです。(^-^)

淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」
http://www.kisekinohoshi.jp/
関連記事

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8563: by りんだ on 2010/07/23 at 09:08:16 (コメント編集)

おはようございます~~♪
世界中にはいろんな植物があまりにもありすぎていつもびっくりです。
凄いですね。雨がなくても何年も生きる植物というのも・・・
前にエアプランツというのを育てたことがありますが・・・やっぱり空気中の水分で生きてるというのでしたがいつのまにかなくなってしまいました。あったまに霧吹きで水を吹きかけてましたが。

8564: by らいとNGC7000 on 2010/07/23 at 20:00:32 (コメント編集)

りんださんへ

コメントありがとうございました。
次の雨の機会を待って水分を蓄えてじっと待つというのは、
けなげだなと思いました。
まだ知らない植物がたくさんありますね。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。