プロフィール

らいとNGC7000

Author:らいとNGC7000
神戸市在住です。乙女座。AB型。好きなこと・趣味:天文、観劇、ぶらりと散策、囲碁将棋。Blogの記事内容は、すべて管理人の私見です。
Link先への訪問は自己責任でお願い致します。
使用カメラは、CANON IXY510IS IXY110IS です。

FREE AREA


moon phases


募金 役者のひとり言 甲斐政彦の役者ブログ
月世界への招待

最近の記事

Categories

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

柿本神社

柿本神社です。柿本人麻呂が祀られています。
柿本神社

柿本神社
1871年(明治4)の神仏分離令により、人丸社は柿本神社として分離されました。

柿本神社 御神木



柿本神社 盲杖桜

柿本神社

柿本神社

柿本神社
柿本神社は「ヒトマルさん」と呼ばれ、「火止まる」「人生まる」から
防火や安産にご利益があるとされています。

柿本神社の境内には人々から亀の碑と呼ばれる
播州明石浦柿本大夫祠堂碑があります。
柿本神社
1664年(寛文4年)明石藩主松平信之が建てたもので、文章は大学頭林春斎が記しました。
全文1712文字を一気に読み下せば、台座のカメが動くといわれています。
柿本神社
亀さん、重たそうです。

西の参道の鳥居の近くには亀の水があります。
亀の水
柿本神社の山門前からは、播磨灘から明石海峡が一望できます。
蛸壺塚
蛸壺塚は松尾芭蕉ゆかりの碑です。
紀行文「笈の小文」によると、芭蕉が明石を訪れたのは1688年、元禄元年の4月20日です。
「明石夜泊」として
「蛸壺や はかなき夢を 夏の月」の句が載っています。

しかし明石に泊まったというのは文学上のフィクションで、
実際には須磨に戻って泊まったようです。
(兵庫県の歴史散歩 下 兵庫県の歴史散歩編集委員会編 山川出版社より)

明石市立博物館では、企画展「月照寺の至宝 -江戸時代の柿本人麿信仰-」
関連イベントとして、6月26日(土)に、講演会「柿本人麿と明石月照寺」が開かれます。
http://www.akashibunpaku.com/index.html

よろしかったらこの機会に足をお運び下さい。

関連記事

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。